様々な脱毛方法を試してみた結果

様々な脱毛方法を試してみた結果とは…

思春期になるとムダ毛が生えてきて腕や脚の毛も濃くなってしまう女性は多いと思います。最初は少しずつなのでワキは毛抜きで抜いていました。

 

毛を抜くことが楽しかったのもあって苦ではなかったのですが、埋没毛ができたり炎症を起こしてニキビのようになってしまったり、肌トラブルはありました。

 

続けていくうちに、皮膚はボツボツとした状態になってしまい、カミソリで剃っても2日もすれば毛がごま塩のように目立って余計に汚く見えてしまったのです。

 

剃ることによって、毛が太く見えてしまうのです。脚は除毛クリームや除毛ムース、脱毛テープを試したことがありますが、除毛クリームや除毛ムースはたんぱく質を溶かしてムダ毛を除去するので、お肌にも負担がかかりますし、脱毛テープは所々残ってしまいキレイに仕上がりませんでした。

 

家庭用脱毛器は最初慣れるまでは痛いですが、痛みに慣れれば短時間で広範囲を処理できるのが利点だと思います。

 

資料リンク ケノンにする?脱毛サロンにする?効果はどちら?迷っている人が読むべき口コミサイト

 

ただ、こちらも「抜く」ので埋没毛や毛穴に炎症が起こることがあって、滑らかな美しい肌からは遠ざかってしまっていたと感じます。

 

成人してから、医療脱毛に通いました。

 

当時は針脱毛だったので痛みは強かったですし、施術後は処方された塗り薬を塗って1週間ほどは赤く腫れてしまうのですが、一ヶ月に一度通うペースで1年ほど通うとほぼムダ毛が生えてこなくなり、肌も自己処理の負担から開放されて、きれいになりました。

 

その後、顔の脱毛もしたくなったので、こちらは医療レーザー脱毛を受けましたが、痛みが少なく(ゴムでパチンと弾かれるくらいの痛さ)、4〜5回の施術で顔剃りから開放されるくらいになれました。

 

現在ハイジニーナ脱毛をサロンで受けていますが、レーザー脱毛よりも痛みが更に少なく、4回ほど受けたところで毛が細くなり少なくなってきたのを実感しています。

 

結論としては、自己処理よりも医療脱毛やサロン脱毛を受けた方が、面倒なムダ毛処理から開放されて、肌にも良いと思います。

 

特に、子供が生まれて育児が始まると、ムダ毛の処理がなかなかできず、放置されてしまったムダ毛を見てガッカリしてしまうことになりますので、永久的な脱毛はとても助かります。

関連ページ

ちょこちょこ食べる痩せる習慣
どうやら一日の食事の回数を減らすよりも、ちょこちょこ食べる方が痩せられるって聞いたの!どれだったら私にもできそう。どちらかというと・・・ちょこちょこと食べたい派だし。
ダイエットでジムってのがうらやましい
職場に居る独身の若い子。ダイエットと体力作りにジムに通ってるって。『独身ってイイよな〜。自由やよな〜好きな事出来るよな〜。』と羨ましがってる私。
無理にむだ毛処理をして、肌が真っ赤です
私は、足のスネに生えているむだ毛がとても気になります。昔から剃ったり、抜いたりしていたむだ毛が、日に日に濃くなってきてしまいました。
ぽよぽよお肉ににょろにょろ体毛の旦那
30代後半の兼業主婦、一児の母です。うちの旦那さんは数か月おきにリストラ失業こそ繰り返すものの、真面目に働いて家庭サービスにも熱心な、優しい人です。
家事の合間にフール―でこっそり海外ドラマを楽しむ
日本のドラマも好きですが、海外ドラマは人気が出ると何シーズンもドラマが続くので見応えがたっぷりあります。新しいDVDが出るたびにレンタルショップに通って借りて色々な作品を楽しんでいましたが、最近はちょっとそのスタイルが変わりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ